自分の開発スキルを、多くの人のために役立てたい。

前職は旅行会社の社内SEでした。その会社では、お客様が旅行チケットを購入するためのECサイトを運営していました。専門学校でプログラム言語を学んだ私は、ECサイトの構築に携わりたいと思い、その会社に新卒入社したのです。ECサイトを使うお客様のために、自分の開発スキルを役立てたいと考えていました。でも、私の仕事はあくまで社員が対象。LANケーブルをつないだり、パソコンのトラブルに立ち会ったり…。「開発の仕事をさせてほしい」と相談したこともあります。でも開発の専門部署は、経験豊富な転職者の方々の独断場でした。私のような若手が入っていける余地はありません。このままでは、せっかく学んだ開発スキルを活かせそうにない…。社内SEという立場で貢献できることに限界を感じた私は、転職を決意しました。いくつか面接も受けましたが、最終的にw2を選んだのは、「Eビジネスに携わる人を幸せにしたい」という社長の考え方に共感したからです。

3ヶ月ごとの評価面談で、次の目標を見つけていく。

開発に携わるのは専門学校以来です。でも入社前に「ネット掲示板をコードで書いてみる」という課題を出されたおかげで、自分の中で振り返りを済ませておくことができました。まずはカスタマーサポートで2ヶ月半ほど実務を学んだ後、大手の芸能事務所やアパレルブランドのサイトのプロジェクトに配属。追加開発やバグ修正などに携わることになりました。今は先輩に質問や相談をしながら、少しずつできることを増やしています。ありがたいのは、3ヶ月に1回の評価面談です。上司と一緒に、過去3ヶ月間で自分が取り組んだことを整理し、達成度合いを振り返りながら、次の3ヶ月間の目標を決める制度です。目標を達成するためには何をすればいいか、上司からアドバイスをもらえるので助かります。今の私の目標は、お客様や外部の開発パートナーの方々とコミュニケーションをとり、開発に活かすこと。緊張していますが、目標が明確なので頑張りやすいです。

ハロウィンに、月イチのおやつ会。しっかり楽しんでいる私。

イベントが多いこともw2の魅力です。例えば、月1回は「社内会」があり、飲み会やパーティーなどを行います。毎年10月の社内会はハロウィンパーティーを行っていて、社員はそれぞれ仮装して参加します。社長が率先して人気アニメキャラの着ぐるみを着ていたのはウケましたね。私は当時内定者でしたが、宮崎アニメのヒロインのコスプレで参戦しました(笑)。コスプレは初めてでしたが、やってみたらかなりハマったので、今年も楽しみたいと思います。その他にも、「おやつ会」という月例イベントがあります。これは1人500円の予算でおやつを買ってきてみんなで食べながら、今月活躍してくれた人に感謝の気持ちを伝える場です。こんなふうにいつも様々なイベントがあるので、すぐに会社にとけ込めました。入社して半年、今は週2回皇居前をランニングして出社しています。社内にランニング仲間もできたので、近いうちにみんなでマラソン大会に参加する予定です。

みなさんのエントリーを
お待ちしております