• MEMBER

    吉村

    社長室 / 中途5年目

    慶大卒業後、日本IBM㈱に入社。財閥系の製造業のお客様に、HW/SW等を販売、年間2億のノルマを務める。その後、企画に異動、グローバルIBMチームと仕事をする。その後独立、個人事業主として英語講師を始める。企業の社員・市民の皆様に英語レッスンを提供。多くの企業で教える中、組織変革に興味を持ち、2014年㈱リクルートマネジメントソリューションズに転職。組織変革コンサルタントとして従事。今はw2ソリューションに就く。趣味はランニング。

CEOの近くでビジョンを見据え、戦略を考え実行できる魅力

INTERVIEW 01

なぜw2なのか

IBMで培ったソリューション提案力や、グローバルIBMが求める数値を日本IBMがどう実現するか経営をサポートする力、そして経営を1人でして初めて分かった「経営者の凄さ」「経営者へのリスペクト」の想いが融合して、w2を率いる山田CEOのビジョンを聞いたとき、「このCEOの元で全てのスキルを発揮したい!」と思い、w2に入社しました。

INTERVIEW 02

w2で成し遂げたい夢

この3年で売上が加速度的に伸び、組織が拡大しているw2ソリューショングループ。EC業界が成長市場であり、この勢いは止まらないと確信しています。ECが電気・水のようにインフラプラットフォームになるライフスタイルが始まっている中で、単なるシステムを提供する会社ではなく、ECプラットフォーム全体を網羅し更なる価値を事業者の皆様に提供したいと思っています。その中で私は戦略立案や山田CEOのアシスタントとして活躍したいですね!

INTERVIEW 03

社長室の魅力とは

何よりもCEOの近くで、ビジョンを見据えて、戦略を考え、実行できることが魅力ですね。w2ソリューショングループは現在14つの戦略を推進していますが、社長室メンバーは必ず、いずれかのリーダーを任されています。自分がKPIを持ち、チームを動かすことは、醍醐味がありやりがいに直結します。また山田さんに近い距離でアドバイスを頂けるのは嬉しいですね。

INTERVIEW 04

新卒へのメッセージ

ベンチャーより大企業に勤める方が安心であった14年前、私は新卒でIBMを選びました。今は「組織」より「個」がクローズアップされる時代。企業のブランドを外した時「あなたが人より抜きんでている力は?」と個が問われます。そしてその個の力を1番伸ばせる企業は、配属部署に縛られず自分の力を試せる所、「行動→結果」で多くの行動量を試せる所、そして「こうなりたい!」という人が近くにいて毎日マインドが上がる所、と思います。ぜひ“自分だけの企業”を選んで!