• MEMBER

    出井 郁実

    技術職 / 新卒2年目

    数学、物理が好きだったため中央大学理工学部都市環境学科に入学。プログラミングに初めて触れたのは大学での教養程度のVBA。その授業がきっかけでプログラミングに興味を持ち、2年次が終わるタイミングで中退。その後情報系の専門学校(東京テクニカルカレッジ)に入学。在学中にw2を知り、理念に共感し入社を決意。

ECという急激成長している技術と共に、自身も成長していく楽しみ

INTERVIEW 01

なぜw2なのか

w2との出会いは通っていた専門学校に代表の山田さんがいらっしゃって行ってくれたセミナーでした。18歳から起業家として生きている山田さんに衝撃を受けましたね。
その時に知った、10年後には市場規模が10倍にもなると言われているEC業界はおもしろいと思ったのと、「世界一のEC企業を目指す」「ECで関わる人全てを幸せに」といった掲げている目標に惹かれ(男の子なので世界一とか惹かれますね...)入社を決意しました。

INTERVIEW 02

w2で成し遂げたい夢

ECのトレンドになるような機能/サービスをw2から世の中に発信したいです。ネットショッピングの概念をぶち壊すくらいの!
そうやってEC業界を盛り上げて世の中をどんどん便利にするのが夢ですね。また、w2では自分で考えたものを実際に開発し、開発したものを製品に取り込むことができるので十分にそれが成し遂げられる環境であると感じています。

INTERVIEW 03

エンジニアの魅力

web系のエンジニアの魅力としては、急激に成長している技術に直接触れることができるという楽しさです。
近年ではAI、ブロックチェーン、仮想化など画期的なテクノロジーが生まれ、w2のような自社製品を持っている企業では、技術を取り入れる判断も自社でできるため今後の開発も楽しみです。
自分で作ったものが世の中で使われ、誰かのためになっているというのもやりがいです。

INTERVIEW 04

新卒へのメッセージ

社会人としての時間は人生の大半を占めるので就職の進路を決めることはとても重要なことです。月並みではありますが、「大変でも楽しい!」と思えることを仕事に出来たらいいですよね。毎日「仕事大変だな」「仕事つまらないな」なんてことを考えて過ごすのは楽しくないですしね。